2021年6月27日 01時35分

読了まで 151

iOS15とiPadOS15ベータ2、アプリがRAM割り当ての増量を要求可能

Apple M1 iPad Pro


 
とiPadOS15のベータ2で、が標準の割り当て以上のRAMを要求可能となっていることがわかりました。iOS14とiPadOS14では、デバイスに関係なく利用可能なRAM容量が制限されていました。

M1搭載iPad Proでもアプリが使えるRAMは最大5GBに制限

現在、iOSやで動作するアプリは、デバイスに搭載されたRAM容量に関わりなく、使用可能なRAM容量が制限されています。
 
最大で16GBのRAMを搭載するM1 でも、iPadOS14では利用可能なRAMの最大容量が5GBに制限されており、搭載されたRAMの半分も使うことができない状態です。

アプリがシステムにRAMの増量を要求可能に

現地時間6月24日、開発者向けにリリースされたiOS15とiPadOS15ベータ2では、アプリが多くのRAM割り当てを要求可能となっています。
 
標準以上のRAM割り当てについては、アプリがシステムに対し、割り当てRAMを増やすと動作が改善すると通知することで可能となる、と説明しています。
 
現時点では、具体的に割り当て可能な最大のRAM容量は不明です。
 

特定アプリによるRAM全容量の独占は不可能か

米メディアMacRumorsは、デバイスに搭載されたRAMの全てが1つのアプリに割り当てられることはないだろう、と指摘しています。
 
もし、全てのRAMを特定のアプリが独占してしまうと、システム全体の動作が遅くなり、複数アプリ間のマルチタスクに支障をきたすためです。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(hato)

カテゴリ : iOS, 最新情報   タグ : , , , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる