2021年第1四半期のアメリカPC市場は73%の成長~Chromebookが特に人気

M1チップ搭載Macの画像

M1チップ搭載Macの画像
 
2021年第1四半期(1月~3月)のアメリカPC市場は前年同期比で73%増と大きく成長しました。なかでもChromebookが人気で、前年同期比で548%もの成長を遂げています。

前年同期比73%増の成長を見せたアメリカのPC市場

調査会社のCanalysによると、2021年第1四半期におけるアメリカのPC市場は前年同期比73%の成長を見せました。
 
アメリカPC市場の出荷台数推移
 
特にノートパソコンは、受注残や、リモートワーク及び教育分野の需要に支えられ、前年同期比131%の伸びを示しています。
 
タブレット端末も52%増の1,100万台が出荷され、好調でした。
 
メーカー別では122.6%増の成長を見せたHPが首位になっています。
 
2021Q1のアメリカのPC市場のメーカー別出荷台数とシェア
 
Appleは35.7%増の成長であったものの、首位の座からは陥落しました。
 
しかしながら、例年第1四半期はMacとiPadの出荷数が少なくなる傾向にあることを考えると、Appleの業績は好調であったといえます。

Chromebookが548%の成長

HP、Lenovo、Samsungの出荷台数が大きく伸びているのはChromebookが好調であったためだとのことです。
 
アメリカのChromebook市場は過去1年間で548%の成長を遂げました。
 
なかでもSamsungは、アメリカ市場への参入に伴い、Chromebookの出荷台数が過去1年間で1,963%という驚異的な伸びを見せています。
 
アメリカの2021年第1四半期のChromebook出荷台数
 
Asus、HP、Lenovoもそれぞれ900%以上の伸びを示しています。
 
教育分野においてPCは今後も重要な役割を果たし、Chromebookの需要はこれからも継続する見通しです。

 
 
Source:Canalys via Patently Apple
(ハウザー)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

本職はSoCの設計者。このためPCやスマホのHW/SW両方に造詣が深く、その知見に基づいた記事を執筆している。スマホ歴はiPhone4→(Android)→iPhone XR→13 Pro。

特集

目次