トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > Apple、iOS15で“スクリーンタイム”のAPIをサードパーティー開発者へと開放
2021年6月8日 14時34分

読了まで 144

Apple、iOS15で“スクリーンタイム”のAPIをサードパーティー開発者へと開放

スクリーンタイム


 
AppleはiOS15で、デバイスでどのくらい時間を費やしているのかがわかるスクリーンタイムアプリケーションプログラミングインターフェース(API)へのアクセスをサードパーティー開発者にも許可する見通しです。

様々なアプリでペアレンタルコントロールが容易に

2018年に導入されたスクリーンタイム機能で、iPhone、iPad、iPod touchでどのくらい時間を費やしているのかリアルタイムでまとめたレポートを確認できます。
 
子どもがアプリ、Webサイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。そのため、デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けるなど、ペアレンタルコントロールにも重宝します
 
AppleはスクリーンタイムのAPI開放について、次のようにコメントしています。
 

開発者は、Screen Time APIをペアレンタルコントロールアプリで使用することで、保護者向けのより幅広いツールをサポートすることができます。このAPIは、コアの制限やデバイスのアクティビティの監視などの重要な機能を、プライバシーを第一に考えた方法で開発者に提供します。

 
サードパーティー開発者へとアクセスを許可することで、Appleは独占禁止法違反の精査を受けるリスクを低減することができるとされています。
 
 
Source:AppleInsider
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる