トップページ > iPhoneの使い方 > iOS15新機能・変更 > iOS15で健康情報の管理と共有機能が提供〜米国では電子カルテとの連携も
2021年6月8日 05時12分

読了まで 24

iOS15で健康情報の管理と共有機能が提供〜米国では電子カルテとの連携も

Personal Health WWDC_2


 
Appleが世界開発者会議(WWDC21)で、iOS15でユーザーの健康情報の管理と共有機能を提供すると発表しました。米国では電子カルテと連携し、ユーザーの健康情報を診察に役立てることも可能です。

健康情報の管理と共有、転倒へのリスク診断機能が提供

iOS15では、ユーザーの健康情報を家族や医師と共有できるようになります。
 
また、ユーザーの歩行パターンを解析し、歩行の安定性が測定できるようになります。
 

健康情報の共有

 
iPhoneやApple Watchで記録した、心拍数、転倒検知数、睡眠時間、運動時間などの健康情報を家族や医師と共有できるようになります。
 
米国では、電子カルテと連携し診察データや血液検査結果などを、対応する医療機関に提示閲覧できるようになります。
 
Personal Health WWDC_1
 

健康情報推移の把握

 
iOS15のヘルスアプリには、安静時の心拍数、睡眠、フィットネスなど、20種類のデータの傾向分析機能が追加されます。
 
通知機能を使った健康情報の推移の把握や、運動療法を行っている患者では運動状況の推移データを用いた医師への相談などができるようになります。
 
Personal Health WWDC_4
 

歩行の安定性の測定

 
ユーザーの転倒へのリスクを把握するのに役立つ、「歩行の安定性」機能が提供されます。
 
歩行パターンから算出した歩行の安定性はヘルスアプリに、「問題ない」、「低い」、「非常に低い」で表示されることで、ユーザー自身の転倒へのリスクが確認できるようになります。
 
Personal Health WWDC_5
 

プライバシー

 
ユーザーの健康情報は厳重に管理され、家族や医師と共有しても、Appleがアクセスすることはできません。
 
Personal Health WWDC_3

watchOS8には、睡眠中の呼吸数測定機能を搭載

AppleはwatchOS8に、マインドフルネスや睡眠中の呼吸数測定機能を搭載すると発表しています。
 
 
Source:Apple
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる