トップページ > 最新情報 > Apple、WWDC21の日程を発表
2021年5月25日 01時38分

読了まで 218

Apple、WWDC21の日程を発表

Apple WWDC21


 
Appleは、世界開発者会議(WWDC21)の日程を発表しました。現地時間6月7日午前10時(日本時間6月8日午前2時)の基調講演で開幕します。基調講演の模様はライブ配信されます。

日本時間6月8日午前2時の基調講演で開幕

Appleは、2020年に続いて完全オンラインで開催するWWDC21の日程を発表しました。

 

基調講演(日本時間6月8日午前2時〜)

ティム・クック最高経営責任者(CEO)が登壇し、iOS15や次期macOSなどを発表すると見込まれます。AppleのWebサイト、「Apple Developer」アプリやYouTubeなどでストリーミング配信された後に動画が公開されます。

 

Platforms State of the Union(日本時間6月8日午前6時〜)

新発表の技術について、詳細な解説が行われます。「Apple Developer」アプリ、Appleの開発者向けWebサイトでストリーミング配信されます。

 

Apple Design Awards(日本時間6月11日午前6時)

クリエイティブ性や技術的進化にすぐれた開発者への表彰が行われます。「Apple Developer」アプリ、Appleの開発者向けWebサイトでストリーミング配信されます。

 

多数のセッション

200以上の技術解説セッションなど、開発者向けの情報提供が行われます。
 
Apple Developer Programに登録している開発者は、1,000人以上のAppleの専門家に1対1で相談できる「one-on-one labs」を予約できます。
 

Pavilions

WWDC2021では、「Apple Developer」で関心のある情報を収集しやすくなる「Pavilions」機能が提供されます。

 

Swift Student Challengeの優秀作品発表

現地時間6月1日には、学生開発者によるSwift Student Challengeの優秀作品が発表されます。

詳細は「Apple Developer」アプリで

Appleは、詳細情報を得るために、「Apple Developer」アプリをダウンロードしておくよう案内しています。同アプリは3月末にアップデートされています
 

 
なお、WWDCは通常ソフトウェア関連の発表が中心ですが、WWDC21では何らかのハードウェアが発表されるのではないか、との噂もあります。
 
 
Source:Apple
(hato)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる