2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    AirTagをiPhoneでスキャン→ショートカットの呼び出しが可能

    iPhone12 Pro Max AirTag

    iPhone12 Pro Max AirTag
     
    AirTagをNFCタグとして使って、「ショートカット」アプリに登録したオートメーションを起動させることが可能であることが分かりました。

    紛失モードでなくてもNFC読み取りで動作可能

    Appleの紛失防止タグAirTagをiPhoneで読み取ると、「ショートカット」アプリで登録した動作を実行させることが可能だ、とオランダメディアiCultureが報じています。
     
    AirTagは紛失モードにするとNFC対応スマートフォンで所有者の情報を表示することが可能ですが、ショートカットの呼び出しは紛失モードにしていなくても利用可能です。

    AirTagによるショートカットの登録方法はこちら

    AirTagのスキャンをきっかけにオートメーションを実行させる手順は以下のとおりです。
     

    1. 「ショートカット」アプリの「オートメーション」タブを開き右上の「+」をタップ
    2. 「個人用オートメーションを作成」をタップ
    3. 画面を下にスクロールし「NFC」をタップ
    4. AirTagにiPhoneの上部をかざしてスキャンし、AirTagに名前をつける
    5. 「アクションを追加」でスキャンした時に実行したいアクションを登録

     
    AirTag ショートカット1
     
    AirTag ショートカット2
     
    追加できるアクションは、対応しているアプリに限られますが、アイデア次第で便利な使い方ができそうです。
     
    たとえば、家の鍵にAirTagを着けている方なら、鍵をかけるついでにAirTagをスキャンしてHomeKitに登録した照明をオフ、Podcastを再生し、ワークアウトの記録を開始などの使い方が可能でしょう。

    iOS14で進化したショートカット

    「ショートカット」は、iOS14で大幅に機能が強化されています。
     
    アプリのアイコンを(見た目上)変更したり、充電開始時に鳴る音を好きなものに変更したり、壁紙をランダムに変更したり、Apple MusicのプレイリストをCSV出力するといった操作も可能です。

     
     
    Source:iCulture, 9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次