トップページ > 最新情報 > Apple MusicのプレイリストをCSVで保存するショートカット
2020年11月7日 22時14分

読了まで 251

Apple MusicのプレイリストをCSVで保存するショートカット

「プレイリストをエクスポート」 ショートカット


 
Apple MusicのプレイリストをCSV形式で保存できるiOS用ショートカットが公開されました。CSVから読み込むショートカットも公開されています。

Apple MusicのプレイリストをCSVで出力

Apple Musicでは、数多くのプレイリストが公開され、収録されている楽曲が頻繁に入れ替わっています。
 
このプレイリストを保存しておきたい!という場合や、Apple Musicを退会後に他のサービスで同様のプレイリストを再現したい場合に役立つショートカットを、iOSアプリ開発者のApp Shack氏(@ZuwFNRuFlGZ6Ivc)が作成、公開しています。

利用手順はこちら

ショートカットは、App Shack氏のブログ(記事末尾のリンク(1)参照)に掲載されているリンクからダウンロードします。
 
初期設定だと、リンクをクリックした際に「”プレイリストをエクスポート”を開けません」と表示されます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
「設定」アプリの「ショートカット」で「信頼されていないショートカットを許可」をオン(緑)にします。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
「ショートカットを追加」画面が表示され、ショートカットの動作内容を確認できます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
内容を確認したら「信頼されていないショートカットを追加」をタップします。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
ショートカットが「マイショートカット」に追加されたので、「プレイリストをエクスポート」をタップします。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
Apple Musicに登録されているプレイリストが表示されるので、CSVでエクスポートしたいプレイリストを選択します。
 
ここでは、10月のiPhone12発表イベント直前に、Appleのティム・クックCEOが公開した「Event Day」を選択してみます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
数秒で、プレイリストの内容が表形式で表示されます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
右上の共有ボタンから、メールやAirDropで共有することもできます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 
「完了」をタップして、iCloud DriveやDropboxに保存できます。
 
「プレイリストをエクスポート」 ショートカット
 

Apple Musicにインポートするショートカットも

App Shack氏は、CSVファイルからApple Musicにインポートするショートカットもブログで公開しています。
 
ただし、現在公開されているバージョンで、同じ曲名で違うアーティストの楽曲が誤認識される場合があります。
 


 

Shazamで1カ月無料キャンペーン

Apple Musicを使っていない方は、3カ月間の無料トライアルでApple Musicの全機能を使えます。
 
このほか、「Shazam」アプリを起動した後の画面を左にスワイプして「Apple Musicが1カ月無料」と表示されれば、サービスを1カ月間無料で使うことができます。

iOS14でパワーアップした「ショートカット」

iOS14では、「ショートカット」アプリを使ってできることが増えています。
 
iPhoneのホーム画面に並ぶアプリアイコンを好きなものに変更したり、iPhoneの充電開始時に鳴る音を好きなように変更することもできます。
 
 
Source:ContentView (1), (2), (3)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる