2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    2021年1月〜3月のMacとiPad、半分は初めてのユーザーが購入

    Apple iPad

    Apple iPad
     
    2021年1月〜3月に販売されたMaciPadの半分は、初めてのユーザーが購入していたことが明らかになりました。Macの売上高は前年同期比70%増、iPadは前年同期比79%と驚異的な伸びを示しています。

    iPhone以上の伸び率を記録したMacとiPad

    Appleは現地時間4月28日の業績発表で、2021年度第2四半期(2021年1月〜3月)の総売上高が前年同期比で54%増加したと発表しました。
     
    製品カテゴリ別売上高で、iPhoneの前年同期比66%増をさらに上回る伸び率が目立ったのが、Mac(前年同期比70%増)とiPad(前年同期比79%増)でした。
     
    Appleのルカ・マエストリ最高財務責任者(CFO)は、2021年1月〜3月に販売されたMacとiPadを購入した半数以上が、初めてMacやiPadを購入した人々だった、と明かしました。
     
    ティム・クック最高経営責任者(CEO)はさらに、中国ではMacとiPadの購入者の3分の2が初めての購入者だった、と付け加えています。
     
    なお、業績発表では、世界的な半導体不足によりiPadとMacの供給が影響を受け、約30億ドル〜40億ドルの売上減少が見込まれることも明らかにされています。

    幅広いラインナップのMacとiPadシリーズ

    Macシリーズは、高い処理能力と省電力性能を両立したM1チップを搭載したMac mini、MacBook Air、MacBook Proが2020年11月に発売されており、5月には非常に薄い24インチiMacも発売されます
     
    iPadシリーズは、手頃な価格が魅力の10.2インチiPad(第8世代)、コンパクトなiPad mini、Touch IDを電源ボタンに内蔵したiPad Air(第4世代)に加えて、5月にはM1チップを搭載したiPad Proが発売されます。
     
     
    Source:9to5Mac
    (hato)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次