トップページ > 最新情報 > 新型12.9インチiPad Pro、製造工程の問題解決で出荷数増加か
2021年4月25日 04時35分

読了まで 142

新型12.9インチiPad Pro、製造工程の問題解決で出荷数増加か

iPad Pro 2021 AH


 
The Elecが、新型12.9インチiPad ProのTFT-LCD表面基板実装(SMT:Surface Mount Technology)に関するサプライヤー中、1社の歩留まりが低いことで、出荷数に影響が出ていると報じています。

SMT工程の歩留まり悪化に対処

新型12.9インチiPad Proが搭載するミニLEDバックライト製造上の問題が伝えられていましたが、The Elecによれば、TFT-LCD表面基板実装大手であるTSMT(Taiwan Surface Mounting Technology)の歩留まりが悪いことが問題になっていたようです。
 
その後、AppleはTSMT以外のサプライヤーに切り替えてこの問題に対処していると同メディアは伝えています。

ミニLED採用iPad Proのサプライヤー

ミニLEDは、SMT工程で回路基板に装着され、液晶ディスプレイ用ミニLEDバックライトになります。
 
ミニLEDのウェハーとチップの製造はEpistarが、液晶ディスプレイモジュールの製造はGISが担当しているようです。
 
SMT工程は、TSMTと、Epistar傘下のYenrichが担当していたと、The Elecは伝えています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる