トップページ > iPhone13 > iPhone用のOLEDディスプレイパネル、LGが供給数拡大の見通し
2021年4月22日 07時00分

読了まで 154

iPhone用のOLEDディスプレイパネル、LGが供給数拡大の見通し

iPhone13 notch AH


 
市場調査会社Omdiaが、今年はLG DisplayiPhone用の有機EL(OLED)ディスプレイパネルの供給数を拡大する見通しだと伝えました。

iPhone用OLEDディスプレイパネルの供給数大幅増の予測

Omdiaは、2021年のiPhone用OLEDディスプレイパネル供給数が、約1億6,900万枚になると予測しています。
 
同社の予測どおりになった場合、2020年に出荷されたiPhone用OLEDディスプレイパネル、1億1,450万枚と比べて47.6%増加することになります。
 
1億6,900万枚には、今秋に発売されると伝えられている新モデル、iPhone13シリーズ(iPhone12sシリーズとの噂もあり)向けの見込み枚数が含まれています。

Samsung Displayの占める割合が減少か

Omdiaは、ディスプレイパネルメーカー別内訳として、Samsung Displayが1億1,000万枚、LG Displayが5,000万枚、BOEが900万枚を供給すると予測しています。
 
2020年は、Samsung Displayが8,960万枚、LG Displayが2,500万枚のiPhone用OLEDディスプレイパネルを供給しました。
 
2021年のiPhone用OLEDディスプレイパネルの供給数がOmdiaの予測どおりになった場合、Samsung Displayの出荷数が占める割合は、2020年の78.3%から65.1%に低下します。
 
対して、LG Displayは21.8%から29.6%に増加、BOEが5.3%を獲得することになります。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Facebook
(FT729)

カテゴリ : iPhone13, 最新情報  タグ : , , , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる