トップページ > iPhone12 mini > iPhone12 miniの販売低迷でSamsungのOLED出荷数が9%減少
2021年3月22日 01時00分

読了まで 137

iPhone12 miniの販売低迷でSamsungのOLED出荷数が9%減少

iPhone12 mini apple hub


 
iPhone12 miniの販売低迷により、2021年1月のSamsung Displayの有機EL(OLED)ディスプレイパネルの出荷数が、2020年1月比で9%減少したと市場調査会社Omdiaが報告しました。

iPhone12 miniの販売低迷が影響

2021年1月のスマートフォン用OLEDディスプレイパネルの全世界での総出荷枚数は、2020年1月比9%減の5,300万枚でした。
 
そのうち、Samsung Displayは4,500万枚を出荷し、全体の85%を占めました。LG Displayは同月に、iPhone12向けとして600万枚を出荷しました。
 
Omdiaは、iPhone12シリーズの販売は好調ながら、iPhone12 miniの販売台数が低迷したのが、Samsung DisplayのOLEDディスプレイパネル出荷数減少の理由だと指摘しています。

iPhone12 mini、在庫調整と減産との報道も

iPhone12 miniは、在庫調整のために減産されると報じられていました。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる