トップページ > 最新情報 > Apple、iPhoneへの電源アダプタ非同梱で86万1,000トンの希少金属を節約
2021年4月17日 02時19分

読了まで 20

Apple、iPhoneへの電源アダプタ非同梱で86万1,000トンの希少金属を節約

環境 報告書


 
Appleは、自社が取り組む環境政策の進捗状況を記した報告書「Environmental Progress Report」を公開しました。同報告書によれば、iPhoneへの電源アダプタの同梱を取りやめたことで、86万1,000トンの銅、スズ、亜鉛をこれまでに使用せずに済んだとのことです。

業界のスタンダード?となった電源アダプタの非同梱

AppleはiPhone12シリーズの発表と同時に、iPhoneへの電源アダプタの同梱を廃止する意向を明らかにしました。
 
このAppleの新方針に関しては賛否両論で、Appleは単により多くの利益を上げたいだけなのではないかと懐疑的な見方をする人も中にはいたようですが、現在では他のブランドも模倣しており、電源アダプタの非同梱は新たなスタンダードとなりつつあります。

Siri、メッセージ、iCloudは持続可能なエネルギーで動作

Appleの環境報告書によれば、iPhoneへの電源アダプタの非同梱により、これまで概算で86万1,000トンの銅、スズ、亜鉛の節約につながったとのことです。
 
報告書に記載されているその他の重要事項は以下のとおりです。
 

  • Appleのデンマーク・エスビアウの風力タービンは、毎年2万軒の家屋をまかなっている
  • Siri、メッセージ、iCloudは、すべて持続可能なエネルギーでまかなわれている
  • Mac miniは、Apple M1チップへの切り替えにより、稼働電力の削減に成功し、総合的なカーボンフットプリントが34%減少した
  • 再生可能エネルギーのサプライチェーンへの導入により、800万トン以上の二酸化炭素排出の回避に貢献

 
Appleは現地時間4月15日、温室効果ガス削減のために総額2億ドル(約216億円)の「Restore Fund(再生基金)」を設立し、二酸化炭素削減に向けた、実現可能な取り組みを発表したばかりです。
 
 
Source:Apple via Cult of Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる