2021年3月31日 11時37分

読了まで 144

Apple、「Swift Student Challenge」の応募受付を開始

Swift Student Challenge


 
Appleは現地時間3月30日、毎年恒例の学生向けコンテスト「Swift Student Challenge」の応募受付を開始しました。このコンテストは、プログラミング用学習アプリ「Swift Playgrounds」を使ったコーディング技術を競うものです。入賞者には、2021年の世界開発者会議(WWDC2021)のオリジナルのジャケットとピンバッジ、Apple Developer Programの1年分のメンバーシップが贈られます。

参加資格は13歳以上の学生

参加する学生は、Swift Playgroundsで作った、操作開始後3分以内でその内容を体験できるインタラクティブなシーンを作る必要があり、創造力の発揮が求められます。参加資格は13歳以上の学生であることです。
 
応募期限は、米国太平洋夏時間の2021年4月18日午後11時59分までで、参加者は2021年6月1日の夕方までに、応募時に使用したApple IDでApple DeveloperのWebサイトにサインインすることで、各自のステータスを確認することができます。
 
Appleは同日、WWDC2021を6月7日から11日にかけて完全オンライン形式で開催し、セッションやその他のコンテンツをApple Developerアプリで提供することを発表しました。
 
 
Source:Swift Student Challenge via MacRumors
(m7000)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる