トップページ > iPad > Mac向けの「Swift Playgrounds」アプリが登場!
2020年2月12日 12時26分

読了まで 20

Mac向けの「Swift Playgrounds」アプリが登場!

Swift Playgrounds
 
AppleがMac向けに、プログラミング言語Swiftを楽しく学べるアプリ「Swift Playgrounds」をリリースしました。これまでiPadでしか使えなかった同アプリが、今後はMacでも使えるようになります。

2016年にiPad向けとして登場したSwift Playgrounds

2016年にiPad向けとしてリリースされた、プログラミング言語Swiftの学習用アプリSwift Playgroundsが、Macでも使えるようになりました。macOS Catalinaで導入されたCatalystプラットフォームにより、実現したものです。
 
Swift Playgroundsでは、Swiftを使ってパズルを解きながらコードの基本がマスターできるので、コーディングの知識がなくても、Swiftを使ってアプリケーションを開発できるとAppleは説明しています。
 
たとえば「Swiftの基本」では、本物のコードを使って3Dの世界でキャラクターを導きながら、Swiftの基本を一通り学べます。

Mac App Storeから無料でダウンロード可能

Catalystにより、既存のiPad用アプリをベースにMac用アプリが開発可能となったため、今回Mac用Swift Playgroundsが登場したという訳です。
 
Mac向けSwift Playgroundsは、Mac App Storeから無料でダウンロードすることができます。
 

 
 
Source:9to5Mac,Apple
(lunatic)

カテゴリ : iPad, Mac, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる