トップページ > 最新情報 > iPhone12用OLEDパネル発注数減少により、Samsungへの補償発生か
2021年3月23日 22時15分

読了まで 144

iPhone12用OLEDパネル発注数減少により、Samsungへの補償発生か

iPhone12 mini AH2


 
iPhone12用有機EL(OLED)ディスプレイパネル発注数が予定より少なかったことから、AppleからSamsung Displayへの補償が発生する可能性が高いようです。

iPhone12 miniの販売低迷が影響

市場調査会社のOmdiaが、iPhone12 miniの販売低迷により、Samsung DisplayのOLEDディスプレイパネル出荷数が減少していると報告していました。
 
Appleは2021年前半(1月〜6月)分のiPhone12の製造予定数を、2020年12月の計画から20%削減、うち70%をiPhone12 miniが占めるようです。

2019年と2020年にも補償金支払い

iPhone12 mini用OLEDディスプレイパネルの供給は、Samsung Display 一社が担っていたことで、同社に大きな影響が及んだとOmdiaは報告しています。
 
発注予定数より実発注数が少なかった場合、AppleはSamsung Displayに補償を行ってきたようで、その額は2019年分と2020年分をあわせて16億8,000万ドル(約1,850億円)だったようです。
 
業界関係者は、本年もAppleからSamsung Displayへの補償が発生すると予想しています。
 
 
Source:iMore
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる