トップページ > iPhone > Apple、OLED購入不足で今年もSamsungに違約金を支払う
2020年7月15日 04時11分

読了まで 136

Apple、OLED購入不足で今年もSamsungに違約金を支払う

Apple iPhone11 Pro ディスプレイ


 
Appleは、購入した有機EL(OLED)ディスプレイの枚数がSamsung Displayとの契約数に満たなかったため、違約金を支払った模様です。

違約金は約1,200億円か

ディスプレイ情報に詳しい調査会社DSCCによると、AppleはSamsung DisplayとiPhone向けのOLED発注契約を結ぶにあたり、最低購入枚数を約束しています。
 
しかしAppleの購入枚数が契約数に達しなかったため、同社はSamsung Displayに対し、2020年第2四半期(4月〜6月)に違約金を支払った模様です。DSCCはこの金額を9億5,000万ドル(約1,200億円)と見積もっています。
 
なおSamsung DisplayはAppleからの違約金の支払いがなければ、同四半期は営業損失を計上していたと、DSCCは記しています。

2019年にも違約金を支払ったApple

DSCCによれば、Appleは2019年第2四半期にもOLEDの購入数不足により、9,000億韓国ウォン(約800億円)の違約金を支払ったとのことです。

 
 
Source:DSCC
(lunatic)

カテゴリ : iPhone, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる