2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    元「Macくん」がIntelのCMに登場〜M1 Macをこきおろす

    justin-long-intel-mac-ad-2021

    justin-long-intel-mac-ad-2021
     
    Appleが2006年から2009年にかけて公開していたCMシリーズ「Macくんとパソコンくん」でMacくん役を務めた俳優が、今度はIntelのCMに登場、M1 MacよりもIntelチップ搭載PCが優位な点を宣伝しています。

    Macくん、今度はIntelのCMに出演

    Appleは2006年から2009年にかけて、MacとWindows PCを比較したCMシリーズ「Macくんとパソコンくん」を放映していました。
     
    その時にMacくん役を務めていたのが、俳優のジャスティン・ロング氏です。
     
    その元Macくんことロング氏が、今度はIntelCMシリーズ「Justin Gets Real(ジャスティン、現実に目を向ける)」に登場、PCとMacとを比較して、PCにできてMacにできないことを強調しています。

    MacになくPCにある機能を紹介

    動画はいずれも「ジャスティンです。MacとPCを実際に比較する実在する人間です」という自己紹介で始まります。ある動画では、ラップトップPCとしてだけでなくタブレットとしても使えるIntel搭載機(Lenovo Yoga 9i)に対し、MacBook Proはタブレットとしては使えないと解説しています。
     

     
    また別の動画では、ロング氏はIntel Core i7搭載のMSI Gaming Stealthでゲームをしているユーザーのもとを訪ねます。Macはどこにあるのかと尋ねると「Macでゲームをプレイするやつなんかいないよ」という回答が返ってきます。
     

     
    そのほかの動画でも、ロング氏はMacBook Proがタッチスクリーン搭載でないこと、M1 Macに複数の外部ディスプレイを接続できないことなどを取り上げ、さりげなくIntelチップ搭載PCの優位性を宣伝しています。
     
    ロング氏が出演する一連のCMは、IntelのYouTubeチャンネルで視聴することができます。

    HuaweiのCMにも出演

    ちなみにロング氏がAppleのライバル企業のCMに出演するのはこれが初めてではありません。2017年には、HuaweiのCMにも出演していました。
     
    一方「Macくんとパソコンくん」でパソコンくん役を演じたジョン・ホッジマン氏は、2020年11月のM1 Mac発表イベントに登場、イベントをユーモアたっぷりに締めくくっていました。

     
     
    Source:Intel/YouTube via MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次