トップページ > iPhone12 > iPhone12用OLEDの供給に影響を与える可能性〜Samsungの工場操業停止
2021年3月10日 17時00分

読了まで 149

iPhone12用OLEDの供給に影響を与える可能性〜Samsungの工場操業停止

iPhone12 blue


 
Samsungの米国オースチンの工場操業停止が、iPhone12用有機EL(OLED)ディスプレイパネルの供給や、Galaxy S21用チップの生産に影響を与える可能性があるようです。

iPhone12用OLEDのディスプレイドライバーICを製造

韓国メディアThe Elecによれば、Samsungのテキサス州オースチンのチップ工場が、寒波による電力不足で操業を停止、再稼働と生産が通常に戻るのは4月中旬と見込まれるため、iPhone12やGalaxy S21の生産に影響をおよぼす懸念があるようです。
 
同工場では、iPhone12用OLEDのディスプレイドライバーIC(DDI)や、米国向けGalaxy S21用チップを生産しています。

操業停止から2週間、部品在庫は1カ月半分

オースチンの工場は2週間前に操業を停止しましたが、1カ月半分の在庫を確保しているため、今すぐに影響がでることは無い見通しです。
 
ただし、iPhone12の販売が好調であることから、DDIの確保が遅れた場合、生産数不足による機会損失が発生する可能性があると、The Elecは伝えています。
 
 
Source:The Elec
Photo:Apple
(FT729)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる