トップページ > 最新情報 > Apple、複合現実ヘッドセットに15個のカメラモジュール搭載〜ミンチー・クオ氏
2021年3月9日 16時15分

読了まで 137

Apple、複合現実ヘッドセットに15個のカメラモジュール搭載〜ミンチー・クオ氏

Apple VR view


 
2022年までに約1,000ドル(約108,000円)で発売されると噂のAppleの複合現実(MR)ヘッドセットには、15個のカメラモジュールが搭載されるようです。

機能に応じたカメラモジュールを搭載

AppleのMRヘッドセットには15個のカメラモジュールが搭載されると、TF Securitiesのアナリスト、ミンチー・クオ氏が伝えました。
 
クオ氏によれば、15個のカメラモジュールは、8個がシースルーによるAR(拡張現実)体験に、6個が革新的な生体認証に、1個が環境検出に使用されるとのことです。
 
MRヘッドセットは、ソニー製マイクロ有機EL(OLED)ディスプレイを搭載、100グラム〜200グラムに収めるべく開発が進めれられているようです。

複数の関連製品を開発中?

クオ氏は、2022年までにヘルメットタイプのMRヘッドセット、2025年までにAppleメガネ、2030年から2040年にかけてコンタクトレンズタイプのARデバイスをAppleが発売する可能性があると予想しています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Appledsign/Facebook
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる