トップページ > 最新情報 > auショップ、Apple ID設定などの有償サービス「店頭設定サポート」を提供
2021年2月26日 01時36分

読了まで 211

auショップ、Apple ID設定などの有償サービス「店頭設定サポート」を提供

au ロゴ


 
KDDIと沖縄セルラーは、Apple IDやGoogleアカウント、LINEの設定やデータ移行などの有償サポートサービス「店頭設定サポート」を、2月25日からauショップで提供すると発表しました。

Apple IDの設定1,000円、LINE設定2,000円など

店頭設定サポート」は、auとUQ mobileの契約者を対象としたサービスで、データの移行やバックアップ、Apple IDやGoogleアカウントの設定などを店頭で提供する有償サポートサービスです。
 
KDDIによると、2020年7月に一部直営店でトライアル実施した際、設定方法や保護フィルム貼り付けに不安を感じるユーザーの4人に1人が有償サポートを利用したそうです。
 
「店頭設定サポート」の内容と料金(税抜)は以下のとおりです。
 

  1. データ移行:2,000円
  2. LINE設定:2,000円
  3. Googleアカウント設定:1,000円
  4. Apple ID設定:1,000円
  5. 上記1〜4をまとめた「基本セット」:3,650円
  6. 保護フィルム貼り:1,000円

 

au IDやau公式アプリの初期設定は引き続き無料対応

「店頭設定サポート」は、au Style、auショップで申し込みができます。ただし、UQ mobile契約者はUQ mobile取扱い店舗が対象です。
 
利用料金は携帯電話料金と合わせて請求されます。
 
KDDIと沖縄セルラーでは、au IDやau公式アプリの初期設定については引き続き無料で対応すると案内しています。
 
また、2020年8月に提供を開始した、スマートフォンやタブレットの使い方を電話やメッセージでサポートする有償サービス「使い方サポート」(月額590円)の提供は継続します。

ドコモ、ソフトバンクも有償サポートを発表済み

携帯キャリアによる、店頭での契約者向け有償サポートサービスは、NTTドコモとソフトバンクが既に発表しています。
 
NTTドコモは「アプリ設定サポート」として、各種アプリの初期設定サービスの提供を2020年11月に開始しています。
 
ソフトバンクも、店頭でのサポートを「スマホ設定サポート」として、2021年4月から提供すると発表しています。
 
 
Source:KDDI
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる