トップページ > 最新情報 > YouTubeアプリが久々のアップデート、プライバシーラベル導入後では初
2021年2月13日 16時50分

読了まで 156

YouTubeアプリが久々のアップデート、プライバシーラベル導入後では初

YouTube アイコン


 
Googleが、iOS版YouTubeアプリを約2カ月ぶりにアップデートしました。App Storeのプライバシーラベル導入後では初のアップデートとなります。

更新内容は「バグ修正と安定性向上など」

Googleは現地時間2月12日、iOS版YouTubeアプリのアップデート(バージョン15.49.6)を公開しました。
 
リリースノートにあるアップデート内容は「バグの修正や安定性の向上などのさまざまな改善を行いました」とあり、目立った新機能の追加などはありません。
 
YouTube AppStore
 

プライバシーラベル導入後初のアップデート

GoogleはiOS向けに多くのアプリを提供していますが、アプリが収集するユーザーデータを示すプライバシーラベルの表示がApp Storeで義務付けられて以降、アップデートを配信していませんでした。
 
YouTubeアプリは、2月初旬にプライバシーラベルの表示には対応していましたが、アプリのアップデートは約2カ月ぶりです。
 
従来は1週間〜2週間間隔でアップデートされていたのと比べると、大きく間隔が空いています。

更新されないままのGoogle製アプリ

GoogleはiOS向けに多くのアプリを提供していますが、YouTube以外のアプリではアップデートされないままの状態が続いています。
 
Gmailアプリでは一時、最新バージョンのアプリを使用していても最新版へのアップデートを要求するメッセージが表示されていましたが、現在は修正されています。
 
Googleは、プライバシーラベルを回避するためにアップデートを止めているとの指摘を1月初旬に否定し、1月末にはユーザーを追跡するトラッキングIDの使用をやめる方針を発表しています。

 
 
Source:MacRumors
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる