トップページ > 最新情報 > Googleはプライバシーラベルの表示を避けてはいない?〜今週か来週にも更新予定
2021年1月6日 18時58分

読了まで 20

Googleはプライバシーラベルの表示を避けてはいない?〜今週か来週にも更新予定

google ロゴ


 
2020年12月8日以降にアップデート、または新規リリースされたiOSアプリには、プライバシーラベルの表示が義務付けられていますが、Googleはどのアプリにもまだ表記を追加していません。Googleはプライバシーラベルを回避しているのではないかと疑う声も上がっていますが、同社は今週もしくは来週にもアプリをアップデートする意向を示しました。

Googleはアップデートしないことでプライバシー表記を避けている?

Appleの新たなプライバシー方針により、iOSアプリはトラッキングを行う前にユーザーの許可を得る必要が生じます。加えて、アプリをダウンロードする前にユーザーがプライバシー方針を確認できるようプライバシーラベルの表示も義務付けられています。
 
米Fast Companyは、GoogleのいずれのiOSアプリも2020年12月7日以降にアップデートされておらず、Appleの新プライバシー方針を反映したプライバシーラベルの表示を回避しているのではないかと報じました。

Googleは12月7日以降にもアプリを更新済み

アプリをアップデートしないことで確かにプライバシー表示の回避が可能となりますが、米TechCrunchはそれは事実ではないと反論しています。
 
実際には、Googleはプレゼンアプリ「Google スライド」を2020年12月14日にアップデートしており、宿題ヘルパーアプリ「Socratic by Google(英語のみ)」も12月15日にアップデートされているというのです。しかしながら、両アプリとも12月8日以降に義務化されているプライバシーラベルの表示をまだ行ってはいないようです。
 
TechCrunchがGoogle広報担当者に直接問い合わせたところ、Googleはプライバシーラベルの表示を計画しており、今週もしくは来週にも表記の開始を始める予定であるとのことです。
 
 
Source:TechCrunch via AppleInsider
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる