折りたたみiPhoneはクラムシェルタイプで開発〜プロッサー氏

iPhone Flip

iPhone Flip
 
リーカーのジョン・プロッサー氏によれば、Appleは折りたたみiPhoneの開発を、Galaxy Z Flipのようなクラムシェルタイプで進めるようです。

クラムシェルタイプのみで開発を進めることに?

折りたたみiPhoneの開発は、Galaxy Z Foldのような横に展開するものと、Galaxy Z Flipのような縦に展開するクラムシェルタイプの2種類のプロトタイプを用い、ヒンジ(蝶番)の耐久性テストが行われていると噂されていました。
 
プロッサー氏が自身のYouTubeチャンネル、FRONT PAGE TECHで語った情報によれば、今後の開発はクラムシェルタイプのみで進められるようです。クラムシェルタイプが選ばれた理由は不明ながら、ヒンジの問題か、ディスプレイを供給するSamsung側の事情とも考えられるとのことです。

複数のカラーをラインナップか

同氏は、発売時期は明確ではないながらも、2022年に登場することはないと伝えています。また、本体カラーについては、iPhone12 Proシリーズのような落ち着いた色合いではなく、明るくポップな感じのカラー(プロッサー氏は、Fun Colorと表現)が複数色用意されると予想しています。
 
プロッサーは折りたたみiPhoneに関する予想を、下記動画の再生時間4分55秒から伝えています。
 

 
 
Source:FRONT PAGE TECH/YouTube
Photo:ConceptsiPhone/YouTube
(FT729)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

ZAURUS PI-6000以降、PDA、PC、Apple製品を多数使用するガジェット愛好家。iPhone Maniaでは2020年2月より、リーク情報、最新のApple製品情報、秋葉原情報を配信。Palm Treo 750vを米国で使用して以降、各種スマホ愛用中

特集

目次