トップページ > iPhone > iPhone12 Pro Max、過酷な落下テストを耐え抜く
2021年2月2日 07時55分

読了まで 29

iPhone12 Pro Max、過酷な落下テストを耐え抜く

Galaxy S21 Ultraの落下テスト後の画像


 
常時携帯し、頻繁に手に取って使用するスマートフォンには、常に落下の危険があるといえます。スマートフォンの耐久性を調べるため、iPhone12 Pro MaxとGalaxy S21 Ultraに対して落下テストを行った動画が公開されました。iPhone12 Pro Maxはこの厳しい落下テストを耐え抜いたそうです。

多数回の落下テストを実施

この落下テストは以下のような手順で行われました。
 

  1. 1メートルの高さから背面、側面、ディスプレイ面の順でコンクリートブロックに落下
  2. 1.45メートルの高さから平らな鉄の板に落下(ボーナスステージ)
  3. 1.45メートルの高さからコンクリートブロックに落下(ボーナス「ボーナス」ステージ、iPhone12 Pro Maxのみ)

 
動画はこちらです。
 

 

まず、背面と側面の落下テストでは、iPhone12 Pro MaxGalaxy S21 Ultraのどちらも目に見える損傷はありませんでした
 
しかしながら、その後のディスプレイ面から落とすテストでは、iPhone12 Pro Maxには特に被害がなかったそうですが、Galaxy S21 Ultraは画面の一部にひびが入ったとのことです

iPhone12 Pro Maxはテストを耐え抜く

その後のボーナスステージやボーナス「ボーナス」ステージに関しても、iPhone12 Pro Maxは耐え抜き、筐体に目に見える被害はありませんでした
 
iPhone12 Pro Maxセラミックをコーティングした特殊なディスプレイを使用しており、かつ曲面ガラスも採用していないため、耐久性が高かったのではないかと推測されます。
 
一方、Galaxy S21 Ultraはテストが進むにつれてどんどん被害が大きくなっていったそうです。
 
しかしながら、どちらのスマートフォンもすべてのテストが終わるまで動作し続けることができました。
 
iPhone12 Pro Maxに関しては、小型のiPhone12 miniより落下耐久性が低いとする動画も公開されています。
 
 
Source:PhoneBuff/YouTube via wccftech
(ハウザー)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる