トップページ > 最新情報 > Googleドライブファイルストリームが4月にM1 Macに対応
2021年1月25日 02時22分

読了まで 221

Googleドライブファイルストリームが4月にM1 Macに対応

https://www.google.com/drive/download/


 
Googleの有料サービスGoogle Workspaceユーザーが利用可能な「Googleドライブファイルストリーム」について、Googleは4月にアップデートを行い、M1チップ搭載Macに対応させる予定であることを明らかにしました。

増えるM1対応アプリ

AppleがAppleシリコンの第一号であるM1チップ搭載Macを発売して以降、サードパーティーは自社のアプリがM1をネイティブ対応するよう、順次アップデートを進めています。Googleもこのほど、Googleドライブファイルストリームを2021年4月にM1に対応させると発表しました。

「バックアップと同期」と「ドライブファイルストリーム」の違い

Googleドライブには、「バックアップと同期」「ドライブファイルストリーム」の2つのデスクトップアプリがあります。前者は個人ユーザー向けで、無料で利用できますが、後者はビジネスユーザー向けの、Google Workspace契約者のみが利用できる有料サービスです。ちなみにGoogle Workspace契約者は「バックアップと同期」も利用可能です。
 
「バックアップと同期」はPC上にあるフォルダとGoogleドライブフォルダを同期するため、Googleドライブ上にあるファイルはすべて、自分のPCにダウンロードされます。つまりGoogleドライブ上に100GBのファイルがあれば、PCでも100GB分のストレージ容量が消費されます。
 
ドライブファイルストリームのアプリをインストールするとPC内にGドライブが作成され、Cドライブと同じように利用できます。しかしGドライブに保存したファイルは自動的にクラウド上のGoogleドライブに保存され、PCにはダウンロードされないため、ストレージ容量は消費されません。ドライブファイルストリームはGoogleドライブ上のすべてのデータを同期せず、アクセスが要求されたファイルのみをダウンロードします。

4月にバージョン47.0へアップデート

昨年末時点では、ドライブファイルストリームはM1搭載Macだけでなく、ARMチップ搭載Windowsにも対応していませんでした。
 
Googleはドライブファイルストリームを「パソコン版Googleドライブ」へと名称変更し、4月にバージョン47.0へとアップデートするタイミングで、M1をネイティブサポートするとのことです(執筆時点では英語版にはこの旨が記されていますが、日本語版は更新されていません)。
 
【追記 2021/2/3】
その後、日本語版のサポートページが更新されています。
 
Google ドライブ ファイル ストリームのリリースノート
 
 
Source:Google via 9to5Google
(lunatic)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる