トップページ > 最新情報 > 秘匿性の高いメッセージアプリ「Signal」、ユーザー急増によるシステム障害から回復
2021年1月19日 01時01分

読了まで 226

秘匿性の高いメッセージアプリ「Signal」、ユーザー急増によるシステム障害から回復

signal


 
プライバシーに重きを置いたメッセージアプリ「Signal」に、WhatsAppの新プライバシー方針導入の影響により大量のユーザーが流入しており、システム障害が生じていました。Signalは、新規ユーザーの受け入れ後にシステムを立て直すことに成功した、とソーシャルメディアで発表しました。

WhatsAppの新プライバシー方針導入で大量のユーザー離れが発生

WhatsAppの新プライバシー方針は、一般ユーザーのチャットやプロフィール情報とはいっさい関係がなく、WhatsAppを顧客サービスの一環として使用する事業者のデータ保管方法に関するものですが、個人情報がFacebookに漏れてしまうという誤情報が拡散しており、大量のユーザー離れが起こっていました。
 
状況を重く見たWhatsAppは、新方針の承認期限を当初の2月初旬から5月半ばにまで延ばすことを発表しましたが、それでもよりプライバシーの高い他社製メッセージアプリへの乗り換えは非可逆的だったようです。

Signalは大量ユーザーを獲得もシステム障害が発生

すべての通信内容がエンドーツーエンド暗号化される高いセキュリティレベルで知られるオープンソースメッセンジャーソフトウェアのSignalは、ユーザーの急増によりシステム障害が起こっていると現地時間の1月15日にTwitterで発表しました。
 


 
アプリが通常に動作しない状態は24時間以上続いたとされていますが、その後無事システムは回復したようで、「世界中の新たな数百万人のユーザーの方々、お待たせしてすみません」とSignalはツイートしています。
 


 
 
Source:AppleInsider
Photo:Signal
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる