2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    WhatsApp、新プライバシー方針導入後も個人情報は保護されると強調

    whatsapp

    whatsapp
     
    Facebookが運営するメッセージングアプリWhatsAppで、2021年2月8日から新プライバシー方針が導入される見込みですが、ユーザーの間でメッセージで送られるテキストや画像など、すべてがFacebookと共有されるとの噂が拡がっており、WhatsApp離れが加速しています。この状況を受け、WhatsAppは新プライバシー方針導入後でもメッセージ内のプライバシーは保たれることを強調しました。

    メッセージ内容は今後もエンドーツーエンド暗号化で保護

    WhatsAppは日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、欧米を中心に幅広く使用されているメッセージングアプリです。
     
    WhatsAppは2月8日から新プライバシー方針の導入を計画しており、ユーザーは期限までにポリシーに賛同するか否かを回答する必要がありますが、ユーザーの間で「情報がすべて親会社であるFacebookと共有される」との噂が出回っており、より個人情報保護に重きを置いた他のメッセージングアプリへの乗り換えが急速に生じています。しかし米メディアThe Vergeはこれはまったく事実ではないと述べています。
     
    2月のWhatsAppのアップデートは、ユーザーのチャットやプロフィール情報とはいっさい関係がなく、「WhatsAppを顧客サービスの一環として使用する事業者は今後、チャットログをFacebookのサーバー上に保管する可能性がある」というものです。
     
    WhatsAppは、ユーザープライバシーがなくなるという噂を止めるため、今後も継続してプライベートなメッセージはエンドーツーエンド暗号化により保護されると強調しています。
     

    TelegramとSignalのユーザー数が急上昇

    WhatsAppの新プライバシー方針導入の噂を受け、よりプライバシー性の高いメッセージングアプリとして知られるTelegramやSignalに乗り換えるユーザーが急増している、と報じられています。
     
    Telegramは現地時間の1月12日、過去72時間で2,500万人の新規ユーザーを獲得したことを明らかにしています。新規ユーザーのうち、38%はアジア、27%はヨーロッパ、21%は南アメリカ、8%は中東・北アフリカ地域からであるとのことです。
     

    WhatsApp役員も「落ち着いて」とツイート

    WhatsAppの役員で、Instagramの責任者を務めるアダム・モッセーリ氏は、「WhatsAppの利用規約について多くの誤情報が見かけられる。新ポリシーは友人や家族間で送られるメッセージのプライバシーにはいっさい影響しない。変更内容はWhatsApp上での事業者とのやり取りに関するもので、設定をオフにする選択肢もある」とツイートしています。
     


     
     
    Source:The Verge
    Photo:WhatsApp
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次