トップページ > 最新情報 > WhatsApp、新プライバシー方針導入を遅らせると発表〜ユーザー離れを懸念
2021年1月16日 15時08分

読了まで 25

WhatsApp、新プライバシー方針導入を遅らせると発表〜ユーザー離れを懸念

whatsapp


 
メッセージングアプリWhatsAppは、2月8日に予定していた新プライバシー方針の導入を5月まで遅らせる意向を公式ブログで発表しました。プライベートな情報が運営会社Facebookに漏れてしまうという誤情報の拡散により、ユーザー離れが加速したのがその理由とされています。

新方針導入は5月15日に

WhatsAppは現地時間の1月15日、当初2月初旬までとしていた新方針の承認期限を5月半ばまで延ばしたと発表しました。
 


 
これは、ユーザーの間で「情報がすべて親会社であるFacebookと共有される」との誤情報が拡散されており、より個人情報保護に重きを置いたTelegramやSignalなどの他のメッセージングアプリへの乗り換えが急速に生じているためです。
 
WhatsAppのアップデートは、ユーザーのチャットやプロフィール情報とはいっさい関係がなく、「WhatsAppを顧客サービスの一環として使用する事業者は今後、チャットログをFacebookのサーバー上に保管する可能性がある」というものです。
 
WhatsAppは公式ブログの中で、これからもずっと友人や家族間で送られるメッセージや位置情報のプライバシーはエンドーツーエンド暗号化により保護されることを強調しています。
 
 
Source:WhatsApp via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる