2017年3月1日 00時00分

読了まで 27

見に覚えのない「Apple IDにサインインした」メール、対処法は?

Apple ID1


 
このようなメールがから届いたことがある方はいないでしょうか。
 
見に覚えがないのに「他者が無断でアカウントにアクセスしている可能性が考えられる場合」なんて記載されたメールが届いたら怖いですよね。このメールはもちろん不正アクセスの疑いも考えられますが、機種変更などをした際にも送られる場合があります。

機種変や新しい機器で初めてログインする場合

Appleでは、初めて認識する機器で既存のApple IDのが行われると、通知が届きます。例えば、から復元でデータを完全に移行していると、新しいでは最初からApple IDが保存されている状態になります。この場合でも、Appleは今までと別の機器からログインしたという認識になるため、不正アクセスの確認のためにメールが届く仕組みになっています。

不正アクセスされている場合

もちろん、不正アクセスの可能性もあります。機種変もしていないし、新しいMacやなどの機種と繋いだわけでもない。Apple IDは前から利用しているもの。これらの条件が当てはまる場合は、誰かがあなたのApple IDでログインしているかもしれません。この場合の行動としては、主に2つ。
 

1:Apple IDを変更する(パスワードの変更だけでもOK)
2:Apple IDとクレジットカードが紐付けされている場合、不正な買い物をされていないか確認

Apple IDとパスワードを別のものに変更してしまえば、前のApple IDとパスワードが何らかの形で第三者にバレていたとしても、あなたのiPhoneにもう一度アクセスすることはできなくなります。そして、Apple IDの不正利用で怖いのは課金アプリなどの請求です。不正な買い物がないか確認しましょう。
 
不正アクセスを防ぐためにも、Apple IDを2ステップ確認にしておきましょう。より安全にApple IDを利用することができます。
【使い方】Apple IDを乗っ取りから守る「2ステップ確認」!iPhone単体で設定する方法
 

著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる