トップページ > iOS > Apple PayのQRコード決済対応は近い?アイコン画像が発見される
2020年12月25日 07時00分

読了まで 153

Apple PayのQRコード決済対応は近い?アイコン画像が発見される

Apple Pay QRコード iOS14.4


 
Apple PayQRコード決済に対応することを示唆するアイコンが、iOS14.4の内部向けバージョンから発見された、との情報提供がありました。実現すれば、QRコード決済アプリの起動が簡単になることが期待できます。

現在のApple Payアイコンに似たデザイン

iOSデベロッパのAppShack(あおいカニ)氏によると、iOS14.4のInternal(内部向け)バージョンから、Apple PayQRコード決済に対応することを示すアイコンが発見されたそうです。
 
Apple Pay QRコード iOS14.4
 
アイコンは、Apple PayでSuica、iD、QUICPayのタッチ型決済を利用する時に、iPhoneの上部をリーダーにかざすよう促すアイコンと似たデザインです。
 
Apple Apple Pay
 
ノッチ付きモデルと、ホームボタン付きモデルの2バージョンのアイコンが確認されています。
 
Apple Pay QRコード iOS14.4
 
なお、Apple PayがQRコード決済に対応することを示唆する情報は、2020年7月にiOS14のベータ2でも発見されており、サードパーティーアプリと連携する可能性も指摘されています。

利便性の向上に期待

MMD研究所が2020年7月に公開した調査結果によると、QRコード決済は国内スマートフォンユーザーの34.4%が利用しており、「PayPay」「楽天ペイ」などの利用率が高くなっています。
 
Apple PayでQRコードが利用可能になれば、iPhoneのWalletに対応アプリを登録しておくことで、個別のアプリを立ち上げなくても会計が可能になり、利便性の向上が期待できそうです。
 
 
Source:AppShack(あおいカニ)氏
Photo:Apple
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる