「フォートナイト」のEpic GamesとSamsungが結託、Appleに対抗

    samsung-epic-fortnite-swag

    samsung-epic-fortnite-swag
     
    Appleと係争中のEpic GamesがSamsungと結託、「Free Fortnite(フォートナイトに自由を)」の文字が入ったジャンパーおよび「Galaxy Tab S7」タブレットを含むギフトセットを、インフルエンサーに向けて送付していたことがわかりました。

    #freefortniteへの支援を要請

    ゲームや漫画、映画などに関する情報発信で知られる「Kinda Funny」の運営者であるグレッグ・ミラー氏が、Epic GamesとSamsungから贈られてきたギフトセットの画像をTwitterに投稿しました。
     
    ギフトセットには、胸に「Free Fortnite」の文字と虹色のラマのロゴが入った黒いジャンパーとGalaxy Tab S7、そしてメッセージカードが同梱されていたそうです。
     
    カードには次のように記されていました。
     

    フォートナイトは2020年、Samsung Galaxy Storeのゲーム・オブ・ザ・イヤーに選出されました。受賞を祝して、当社はSamsungと協力、#freefortniteギフトセットをお送りしています。
     
    フォートナイトは現在、App StoreおよびGoogle Playではダウンロードできませんが、Galaxy StoreのEpic Gamesアプリなら直接最新版へアップデートすることが可能です。#freefortniteの輪を広げましょう。

     

    AppleとEpic Gamesは係争中

    Epic Gamesは今年8月、App StoreおよびGoogle Playでの売上に伴う手数料支払いを回避するため、同社の人気ゲーム、フォートナイトにおいて、ユーザーに直接課金するシステムを導入したために、App StoreおよびGoogle Playから削除されました。
     
    その後Epic GamesはAppleの方針に異議を唱え、両社は真っ向から対立、裁判に発展しています。
     
    なおAppleは11月に、年間収益1億円以下の開発者を対象に、通常手数料を30%から15%に引き下げると発表、この決定には少なからず、Epic Gamesとの対立が影響していると思われます。
     
    こうした状況のなか、SamsungはGalaxy Storeでフォートナイトを大々的に宣伝、同ストアではダウンロード可能であることをアピールしています。

     
     
    Source:Greg Miller/Twitter via MacRumors
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次