トップページ > iPhone > iPhone12、2020年10月に世界で最も売れた5Gスマホに
2020年12月22日 00時37分

読了まで 231

iPhone12、2020年10月に世界で最も売れた5Gスマホに

iphone12


 
Appleが2020年10月23日に発売したiPhone12が、販売期間が短かったにも関わらず、10月に世界で最も売れた5Gスマートフォンとなったことがわかりました。調査会社Counterpoint Researchが報告しています。

iPhone12/12 Proで販売台数シェア4分の1を獲得

同社によれば、2020年10月に最も売れた5GスマホはiPhone12、2番目に売れたのはiPhone12 Proで、両モデルを合わせた販売台数は、10月の5Gスマホ販売台数合計の約4分の1(24%)を占めています。
 
またiPhone12は、2020年1月〜10月の期間中に最も売れた5Gスマホランキングでも7位にランク入りしています。10月後半に発売されたスマホとしては大健闘といっていいでしょう。Counterpointによれば、2020年9月に販売台数トップだったSamsungのGalaxy Note 20 Ultra 5Gは、10月には3位へと順位を落としています。
 
Counterpoint

iPhone12シリーズの初動が好調だった理由とは

CounterpointはiPhone12シリーズの初動が好調だった理由を次のように分析しています。
 
まず、世界的に5Gへのアップグレードに対する関心が高く、特にiPhoneユーザーの間でその傾向が顕著だったことです。こうした需要が通信キャリアによる積極的なプロモーション(特に米国)に後押しされました。Counterpointによると、10月のiPhone12/12 Pro販売台数全体の3分の1以上が、米国での売上でした。
 
次に中国と日本でのiPhone12シリーズへの関心の高さも初動に貢献しました。そして競合他社の5G対応スマホと比べ、iPhone12シリーズの利用可能な地域と国々が140以上と多いのも、売上を後押ししたようです。
 
また米国においては、iPhone12/12 Proがミリ波対応であるということも人気の一因だとCounterpointは見ています。同社の調べによると、iPhone12/12 Proが発売された10月、ミリ波対応スマホの普及率は、9月の5%から12%へと大きく上昇しています。

iPhone12シリーズ需要は2021年も継続

iPhone12シリーズに対する堅調な需要は2020年第4四半期(10月〜12月)も継続しているとCounterpointは見ています。また今年は新型iPhoneの発売が遅れたことにより、2021年に入ってもiPhone12シリーズの売上好調は続くと同社は予想しています。
 
 
Source:Counterpoint Research
(lunatic)

 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる