iPhone12 Pro/Maxで時空を超えたコピペができるアプリ、近日公開

時空間レコーダー

時空間レコーダー
 
iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxに搭載されたLiDARスキャナを使って、動きのある人物などを空間上にコピー&ペーストできるアプリ「時空間レコーダー」のリリースが予告されています。

時空を超えて人物が共存する不思議な映像

iPhone12 ProとiPhone12 Pro Maxに搭載されているLiDARスキャナを活かして、動く人物や人形を3Dスキャンし、iPhone上でコピー&ペーストできるアプリ「時空間レコーダー」を開発中、とXRアプリ開発企業curiosity代表の堀川隆弘氏(@thorikawa)がツイートしています。
 
Twitterに公開された動画では、映像に多少のノイズはあるものの、まるで同じ空間に過去の自分が何人も共存しているかのような不思議な空間が描かれています。
 


 
このほか、太鼓をたたくクマの人形をサイズを変えながら複製している様子の動画も公開されています。
 


 
「時空間レコーダー」は、2020年内のリリースを目指して開発中ですが、2021年になるかもしれない、とのことです。
 


 

暗所撮影でも活躍するLiDARスキャナ

iPhone12 ProとiPhone12 Pro MaxのLiDARスキャナは、暗い場所でのオートフォーカス速度向上などに活用されており、真っ暗な部屋でも鮮明な写真撮影ができます
 
写真家のオースティン・マン氏が、iPhone12 Proの暗所撮影性能を紹介した作品を公開し、その性能の高さを高く評価しています。
 
 
Source:堀川隆弘氏(@thorikawa)/Twitter
(hato)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

2013年からライター&編集担当として活動。2007年、駐在中のシリコンバレーで発売直後の初代iPhoneに触れて惚れ込む。iPhone歴は3GS→5s→6 Plus→7 Plus→XS Max→12 Pro Max→14 Pro。

特集

目次