トップページ > iPhone > 【レビュー】iPhone12 Proでナイトモードポートレートを試してみた
2020年11月5日 08時33分

読了まで 222

【レビュー】iPhone12 Proでナイトモードポートレートを試してみた


 
iPhone12 Pro/Pro Maxは、トリプルカメラに加え、iPhoneとしては初めてLiDARスキャナを搭載しています。
 
このLiDARスキャナが威力を発揮するのが「ナイトモードでのポートレートモード撮影」ということなので、実際に試してみました。

iPhone12 Pro/Pro Maxだけ可能!ナイトモードポートレート

ポートレートモードでは、カメラが被写界深度エフェクトを作成してくれるので、被写体を際立たせ、背景をボカした撮影が可能です。
 
そしてiPhone12 Pro/Pro Maxでは、明るさが足りない場所でもきれいに写真が撮れる「ナイトモード」でポートレートモード撮影を行う「ナイトモードポートレート」が利用可能になりました。

ナイトモードポートレートの撮影方法

Appleの説明による、ナイトモードポートレートの撮影方法は以下のとおりです。
 

  1. カメラAppを開いてスワイプし、「ポートレート」モードに切り替えます。
  2. 画面にヒントが表示されるので、その通りにします。
  3. シャッターボタンをタップします。

暗闇でもポートレート撮影が可能

実際に撮影してみました。
 
下の写真は、ポートレートモードでフラッシュを使わずに撮影したものです。周囲がかなり暗いので、被写体がほとんど見えません。
 
ナイトモードポートレート
 
この状態でそのまま撮影しようとすると「ズームアウトしてナイトモード、もしくはフラッシュを使用してください」というメッセージが表示されます(それを無視して撮影すると、上のような真っ黒な写真が撮れます)。
 
ナイトモードポートレート
 
ナイトモードポートレートで撮影したのが次の写真です。同じ状況で撮ったとは思えません。フラッシュを使う場合とは異なり、自然な明るさで、しかも背景はしっかりボケています。なおナイトモードポートレートで使えるのは広角カメラ(1×)だけです。
 
ナイトモードポートレート
 
iPhone12 Proを手で持って、ナイトモードポートレートを撮影する場合、1秒〜3秒の時間がかかります。この時間は手動で10秒まで延ばすことが可能です。なおよりきれいに撮影したい場合は、三脚を使ってiPhoneを固定したほうがいいでしょう。三脚を使えば撮影時間を最大30秒まで伸ばせます。

 
現時点では、このナイトモードポートレートが使えるのは、現在販売中のiPhone12 Proと、11月6日に予約受付が始まるiPhone12 Pro Maxだけです。iPhone12 Pro Maxはセンサーシフト光学式手ブレ補正を含む、iPhone12シリーズ中最高のカメラ性能を備えています。

 
 
(lunatic)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる