Microsoft 365 for MacがAppleシリコンMacにネイティブ対応

Microsoft 365 for Mac

Microsoft 365 for Mac
 
Microsoftは現地時間12月15日、Microsoft 365 for Macをアップデートし、Appleシリコン(M1チップ)搭載Macにネイティブ対応したと発表しました。本日より順次展開していくとしています。

Officeアプリがユニバーサルアプリに

MicrosoftはMicrosoft 365 for Macをアップデートし、Outlook、Word、Excel、PowerPoint、OneNoteをすべてAppleシリコン向けに最適化したことを明らかにしました。デザインも一新され、macOS Big Surと一体感のあるものに変わっています。
 
アップデートされたOfficeアプリはユニバーサルアプリであるため、M1チップ搭載Macだけでなく、Intelチップ搭載Macでも今まで通りに動きます。

OutlookがiCloudアカウントに対応

Microsoftはまた、Outlook for Macを大幅に変更し、初めてiCloudアカウントに対応させました。これにより、OutlookにiCloudアカウントが追加可能となります。

 
Office 365
 
このほかの主な変更点は以下のとおりです。
 

  • 新しい「Tell Me」検索ボックスにより、Officeアプリで探している内容をタイプするだけで、必要なツールなどに迅速にアクセス可能に
  • 音声でコンテンツを作成できる音声コマンド対応ディクテーション・ツールバーがWordとOutlookで利用可能に
  • アップデートされたOutlook for Macでは、Office Insider Mac Beta Channelを購読している顧客とカレンダーが共有可能に(来年追加される機能)
  • Word for Macのコメント機能が向上

 
 
Source:Microsoft via 9to5Mac
(lunatic)

この記事がお役に立ったらシェアお願いします

この記事を書いた人

元某業界新聞社の記者。その後フリーライターとして各方面で執筆、英日翻訳家としての著書も多数。2014年から本メディアでライター、編集記者として活動中。アメリカ在住(現在は日本に滞在中)。iPhone使用歴は12年以上。

特集

[PR]オフィシャルサイト

目次