2020年12月3日 17時49分

読了まで 154

Appleのリテール担当副社長「バーチャルと対面のバランスをとるのが鍵」

ディアドラ・オブライエン


 
Appleでリテール+人事(Retail + People)担当シニアバイスプレジデントを務めるディアドラ・オブライエン氏が米雑誌FortuneのBrainstorm Techに登壇し、Appleのコロナ禍での運営方針について語りました。

対面で物事がより速く進むことも

COVID-19が今年3月に本格的に拡がり始めたころ、ほぼすべてのApple Storeの一時的な閉店を余儀なくされると同時に、自宅学習やリモートワークの増加でMacやiPadの需要が増え、顧客対応に追われたAppleですが、小売全般を見渡してきたオブライエン氏は、対面とリモートワークの良いバランスを見つけることの重要性を強調しました。
 

(パンデミック禍において)新たに取得したスキルを活用している。同時に、対面でのコラボレーションが物事をより速く進める場合もある。対面とリモートワークの正しいバランスをとる必要があると感じている。

 
Appleは、Apple Storeで無料で開催していたToday at Appleセッションをオンライン開催に切り替えたりオンラインストアでもオンライン対応を主軸にしたインターフェースを導入するなど、可能な限りオンラインベースで顧客対応にあたっています。
 
オンライン注文の受け取りとGenius Bar予約のみの対応を行うエクスプレス仕様のストアも導入しており、米国での店舗数は11月末時点で全体のおおよそ半分にまで達しています
 

顧客がストアを訪問してくれたときに、すべてが体験可能であるよう努めている。ソーシャルディスタンスが敷かれた環境では難しいこともあるが、通常営業に戻れるときが来ることを心待ちにしている。

 
 
Source:Fortune via 9to5Mac
(lexi)

カテゴリ : 最新情報   タグ : , ,
著者情報

iPhone Mania編集部

iPhone Mania編集部です。iPhone、MacなどApple製品が大好きな国内外のライターが集まり、2013年から記事を執筆しています。Apple製品の最新情報から使い方、お役立ち情報まで、幅広くお伝えしていきます!

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる