トップページ > 最新情報 > 12.9インチiPadがミニLED、11および10.9インチiPadがOLED搭載か
2020年12月1日 05時24分

読了まで 226

12.9インチiPadがミニLED、11および10.9インチiPadがOLED搭載か

iPad Pro miniLED or OLED


 
ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCC(Display Supply Chain Consultants)の最高経営責任者(CEO)ロス・ヤング氏が、Twitterでフォロワーからの質問に、12.9インチiPadはミニLEDバックライトディスプレイを搭載、10.9インチiPadと11インチiPadは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載し、2022年に発表されると回答しました。

大型タブレットはミニLED、11インチ以下はOLEDを搭載か?

ヤング氏が、DSCCによるミニLEDバックライトディスプレイユニットの市場規模拡大見通しを示したグラフを取り上げたツイートでフォロワーからの質問に答え、Apple製タブレットへのミニLEDバックライトディスプレイ搭載と、先日報道されたOLEDディスプレイ搭載iPad Proに関する自身の予想を伝えています。
 
ヤング氏の予想では、12.9インチiPadはミニLEDバックライトディスプレイを搭載、10.9インチiPadと11インチiPadはOLEDディスプレイを搭載し、2022年に発表されるとのことです。
 


 


 
ディスプレイサイズや、これまでの報道から、同氏の記した12.9インチとは12.9インチiPad Pro、10.9インチはiPad Air、11インチは11インチiPad Proを指すと考えられます。

OLEDは薄型化、ミニLEDは輝度に優位性

ヤング氏は、ミニLEDバックライトディスプレイは輝度の点で優れており、OLEDは薄型化に有利だと述べています。
 


 

ミニLEDバックライトディスプレイ市場が来年から急成長

ヤング氏がCEOをつとめるDSCCは、ミニLEDバックライトディスプレイ市場規模は2020年はわずか5万枚ながら、2021年には890万枚に拡大、2025年には4,820万枚に達すると予想しています。
 
DSCC miniLED Forecast
 
同社は、2021年はテレビ用の次に、タブレット用がミニLEDバックライトディスプレイの大きな市場を形成すると予想しています。
 
 
Source:Ross Young(@DSCCRoss)/Twitter, DSCC
Photo:Apple Hub/Twitter
(FT729)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる