2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Innoluxが次期iPad Pro用のミニLEDディスプレイを受注との報道

    innolux logo

    innolux logo
     
    Innoluxが、次期iPad Pro用にミニLEDディスプレイの受注を獲得したと報じられました。既に、サンプル製品による製品評価も済んでいるようです。

    ミニLEDディスプレイ搭載製品に関する噂

    MacRumorsは2020年2月24日の記事にて、InnoluxはAppleが発売を予定しているタブレット向けの、ミニLEDディスプレイの受注を獲得したと報じました。
     
    ミニLEDディスプレイ搭載製品に関しては、TF International Securitiesのアナリストであるミンチー・クオ氏が、「Appleは2020年第3四半期(7月〜9月)に発売予定の次期12.9インチ iPad Proを含め、今後2、3年の間に、ミニLEDディスプレイを搭載した新製品を4種類から6種類発表する」という予測を明らかにしています。
     
    同氏はこれらのミニLEDディスプレイについて、LG DisplayやGISがAppleに供給する可能性も指摘していました。

    ミニLEDディスプレイを採用する理由とは

    ミニLEDディスプレイは、バックライト用に配置されている多数のLEDを、映像の明暗に合わせた部分駆動(ローカルディミング)を行うことで、高いコントラスト比を実現します。
     
    ミニLEDをディスプレイに採用することで、高いコントラストや輝度、より深い黒の表現を含む有機EL(OELD)ディスプレイと同等の長所を提供しつつ、薄型化・軽量化が実現するといわれています。次期iPad Proに関しては、カメラだけではなく、ディスプレイにも注目です。
     
     
    Source:Economic Daily News via MacRumors
    (FT729)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次