Apple、iPad生産の一部を中国からベトナムに移動へ〜Reuters報道

    Foxconn 9to5Mac

    Foxconn 9to5Mac
     
    Apple製品の生産を担うFoxconnは、iPadMacBookの組み立てを中国からベトナムに一部移動させる見通しである、とReutersが伝えています。この動きは、Appleによる要請によるものであるとのことで、米中間の貿易戦争の煽りを最小限に抑えるねらいがあるとされています。

    来年前半にも生産ラインは稼働開始見込み

    Foxconnは、AppleのiPadタブレットとMacBookノートパソコンの組み立てラインを、ベトナム東北部バクザン省に建設しており、2021年上半期にも稼働が開始する、と匿名の情報提供者は述べています。
     
    上記の人物によれば、新たな組み立てラインには、中国で生産されていた製品のうちの一部の移動も行われるとのことですが、実際どれほどの生産台数に達するのかは明らかにされていません。
     
    「この動きはAppleの要請によるものだ」と同人物はコメントしています。「貿易戦争を受けて、生産の多様化を図りたいのだろう」

    すでにAirPodsはベトナムで生産

    Appleは近年サプライチェーンの多様化を積極的に行っており、すでにAirPodsとAirPods Proはベトナムの生産施設で組み立てられています
     
    AppleはiPhoneの生産もベトナムで拡大させようと躍起になっていますが、サプライヤーLuxshare-ICTの施設の改善が図られるのを待っていると以前報じられました。
     
    Appleの主要サプライヤーであるFoxconn、Pegatron、Compal Electronicsはみな、サプライチェーン集中化のリスクを避けるため、ベトナムでの生産を拡大させる意向を示しています。
     
     
    Source:Reuters via MacRumors
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次