トップページ > Mac > Pro Display XDRがiMac Proになったら〜コンセプトデザインが公開
2020年11月17日 16時34分

読了まで 21

Pro Display XDRがiMac Proになったら〜コンセプトデザインが公開

imac コンセプト


 
iMacのデザイン刷新は長らく行われていませんが、Khahn DesignがAppleのPro Display XDRのデザインをベースにしたiMac Proのコンセプトデザインを発表しました。

Pro Display XDRよりも厚めの新型iMacデザイン

6Kの解像度、HDR対応のPro Display XDRは、フラットで薄いベゼルのデザインが特徴です。一方、iMacのデザインは2012年からほとんど変わっておらず、ディスプレイ周りに太いエッジがあります。
 
もしAppleがiMacのデザインを刷新するとしたら、どのようなものになるでしょうか?Khahn Designが発表したコンセプトデザインは、Pro Display XDRと非常に似ていますが、コンピュータ部品を内蔵することを考慮し、より厚めとなっています。
 
imac コンセプト

Appleがモジュラーなデザインを採用するとは思えない?

また、厚めのデザインを採用することで、RAMやSSDなどのパーツを簡単に交換できるモジュール化も可能とされています。コンピュータの両面から内部部品に容易にアクセスできるのがコンセプトですが、Appleがこれを実際に実現させるとは思えない、と米メディア9to5Macはコメントしています。
 
imac コンセプト
 
新型iMacのコンセプトデザインには、現在Pro Display XDR用に106,800円(税別)で販売されているPro Standも描かれています。Pro Standは高さ、傾き、回転を自由に調整できるので、Pro Display XDRをどんな環境にもシームレスにフィットさせることができます。
 
Khahn Designはデバイスのコンセプト動画も公開しています。
 

 
同じくPro Display XDRのデザイン言語で制作された新型iMac Pro コンセプトが過去に公開されています。
 
 
Source:Khahn Design via 9to5Mac
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる