2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    Qualcomm、4GチップのHuaweiへの販売許可を米国から取得

    qualcomm

    qualcomm
     
    Qualcommは現地時間の11月13日、4G携帯電話のチップを中国ベンダーHuaweiに販売する許可を米国政府から取得した、とReutersが伝えています。米国による貿易制裁下において例外の扱いとなっています。

    Qualcommは他にも販売ライセンスを申請

    「当社は4G製品を含む多くの製品の販売許可を得た」とQualcommの広報担当者はReutersに語っています。
     
    今年9月から始まった米国政府による貿易制裁により、Qualcmmとその他の米半導体企業は中国企業に技術を販売することができなくなっていました。
     
    Qualcommの広報担当者は、どの4G製品がHuaweiへの販売許可を取得したかについてのコメントは控えました。Qualcommは他にも販売許可を申請しているとのことです。

    5Gチップの販売許可が下りるかどうかは不明

    これまでHuaweiがQualcommの大口顧客となったことはなく、フラッグシップ機には独自デザインのチップを採用してきました。ただしローエンドモデルにはQualcomm製チップを搭載しています。
     
    チップデザインソフトウェアと半導体製造装置の使用がブロックされてしまったため、Huaweiのチップデザイン能力が大きく削がれることとなり、制裁の発動前に多くのチップの買い溜めを行ったと伝えられていました。
     
    Bernsteinのアナリスト、ステイシー・ラスゴン氏によれば、業界全体が5Gに移行しつつあることもあり、今回のQualcommの販売ライセンス取得による影響は限定的であるとのことです。QualcommがHuaweiへの5Gチップ販売を許可されるかどうかは定かでないようです。
     
     
    Source:Reuters
    Photo:Kārlis Dambrāns/Flickr
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次