2020年第3四半期AMOLEDスマホ向けチップセット売れ筋トップ4は?

    A14

    A14
     
    ディスプレイ業界の内情に詳しいDSCCのロス・ヤング氏が、2020年第3四半期(7月〜9月)に最も販売数の多かった、アクティブマトリクス式有機EL(AMOLED)ディスプレイ搭載スマートフォン向けチップセット上位4つを紹介しています。

    売上トップはA14 Bionic

    ヤング氏によると、第3四半期におけるAMOLED搭載スマホ向けチップセットの売上数順位は次のとおりです。
     

    1. A14 Bionic
    2. Kirin 980
    3. Exynos 990
    4. Snapdragon 865

     
    ただしSnapdragonシリーズをすべて合わせると、同四半期におけるAMOLEDスマホ向けチップセット売上の30%に上るそうです。
     
    なおこれはAMOLEDディスプレイ搭載スマホ向けチップセットのみのランキングであり、LCD搭載スマホやタブレット向けは含まれていません。

    Huaweiの在庫積み上げでKirin 980が2位に

    ヤング氏の投稿に対し「ExynosがSnapdragonを上回っているなんて驚きだ」というコメントが寄せられました。ヤング氏は「Exynosは(Galaxy)A51など、低価格モデルに搭載されているからだ」と、その理由を説明しています。
     
    またKirin 980が2位につけているのは、米政府の規制強化でKirinチップが入手できなくなる事態に備え、Huaweiが在庫を積み上げていたのが理由のようです。

     
     
    Source:Ross Young/Twitter
    (lunatic)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次