Final Cut Pro、Logic ProがAppleシリコン搭載Mac発売に向け更新

    final cut pro

    final cut pro
     
    ノンリニアビデオ編集を目的としたmacOS向けのソフト「Final Cut Pro」と、macOS上で動作するMIDIシーケンサ及びデジタルオーディオワークステーションの機能を持つ音楽制作ソフト「Logic Pro」がアップデートされ、Appleシリコン搭載Mac上でのパフォーマンス向上などが図られました。

    Final Cut Proはリブランディングも

    Final Cut Proは、革新的なビデオ編集環境とパワフルなメディア整理機能を提供し、驚きのパフォーマンスを実現してくれます。バージョン10.5へのアップデートにより、以下の新機能が追加されました。
     

    • Appleシリコン搭載のMacコンピュータでのパフォーマンスおよび効率が向上
    •  

    • Appleシリコン搭載のMacコンピュータで、Apple Neural Engineを使用したスマート適合の機械学習分析が高速化
    •  

    • ライブラリのコピーを作成して、メディアをさまざまな解像度でProResプロキシまたはH.264に自動的にトランスコード

     
    Final Cut Proはこれまで「Final Put Pro X」と呼ばれていましたが、密かに「X」がブランディングから取り払われた模様です。
     

    M1チップ搭載Mac上でのパフォーマンスと効率が向上

    Logic Proは、現代的なインターフェイスに、プロ仕様の作曲、ビート作成、編集、ミックスができる洗練されたクリエイティブなツールを装備しています。バージョン10.6へのアップデートで、次の機能が新たに加わりました。
     

    • Appleシリコン搭載のMacコンピュータでのパフォーマンスおよび効率が向上
    •  

    • ビート、ベースライン、メロディパートを作成するときに、iPadまたはiPhone上のLogic Remoteを使用してステップシーケンサーを制御可能
    •  

    • すべてのNovation Launchpadコントローラをサポート
    •  

    • 安定性とパフォーマンスが改善

     
     
    Source:Apple [1], [2] via AppleInsider, 9to5Mac
    (lexi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします

    この記事を書いた人

    ARラボ出身の猫愛好家。往年のMacユーザーで、iPhone使用歴は10年以上。

    特集

    [PR]オフィシャルサイト

    目次