トップページ > Mac > M1搭載MacBook Air、キーボードの輝度調整キーが廃止
2020年11月11日 07時10分

読了まで 148

M1搭載MacBook Air、キーボードの輝度調整キーが廃止

MacBook Air JIS配列 キーボード


 
Appleが発表したM1チップ搭載の新型MacBook Airキーボードには、音声入力、おやすみモードの専用キーが追加され、キーボードの輝度調整ボタンが廃止されています。

キーボードの明るさ調整はコントロールセンターで

Appleが現地時間11月10日に発表したM1チップ搭載のMacBook Airでは、キーボード上部のファンクションキーの機能が一部変更されています。
 
F4にSpotlight検索、F5に音声入力、F6におやすみモードが割り当てられ、キーボードのバックライト輝度調整とLaunchpadのキーが廃止されています。
 
MacBook Air JIS配列 キーボード
 
以前のモデルでは、キーボードのバックライト輝度調整がキーボードで操作可能でしたが、今後はmacOS Big Surに搭載されるコントロールキーで入力することとなります。
 
ファンクションキーの割り当て内容は、英語(米国)配列も日本語(JIS)配列も同じです。
 
MacBook Air US配列 キーボード
 

キーボード切り替えキーも変更

また、fnキーには、iPhoneやiPadでおなじみの、地球アイコンが割り当てられており、キーボード切り替えや絵文字入力が簡単にできるようになるとみられます。
 
なお、fnキーでのキーボード切り替えは、ファンクションキーの代わりにTouch Barを搭載する、M1チップモデルのMacBook Proでも確認できます。
 
MacBook Pro JIS配列 キーボード
 
 
Source:9to5Mac
Photo:Apple (1), (2), (3)
(hato)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる