トップページ > AirPods > 偽物のAirPodsに注意!2020年だけで6億台の模造品が出荷との試算も
2020年11月9日 18時12分

読了まで 23

偽物のAirPodsに注意!2020年だけで6億台の模造品が出荷との試算も

AirPods AirPods Pro


 
大ヒットを続けるAirPodsの恩恵にあやかろうと、各社がこぞって本物そっくりの模造品を市場に投入した結果、2020年だけで6億台の偽物が出荷されていたことが分かりました。

出荷台数は正規品の約6倍

登場したばかりの頃は“耳からうどん”と揶揄されたAirPodsですが、気づけば単なるワイヤレスイヤホンの枠に留まらず、ファッションアイコンとしての地位も確立したように思われます。
 
2020年3月の時点では、シリーズ合計の出荷台数が前年比で50%増となる9,000万台に達すると予測されていました。2019年の時点でも、AirPodsが1つの企業だったと仮定した場合、企業価値は全米32位に相当するとの試算が出ています。
 
しかし、そんな世紀の大ヒット商品を悪辣な企業が放っておくはずがありません。
 
オーディオ事情に詳しいニュースサイト我愛音頻網によると、2020年に偽物(中国語で「山寨」)のAirPodsは6億台出荷されたそうです。正規のAirPodsは10月末で8,000万台〜9,000万台と考えられているため、今年だけで模造品が本物のおよそ6倍出荷された計算です。
 
airpods 偽物 比較
 
実際に公開されたAirPods Proの比較画像を確認すると、偽物の外見は本物とほぼ見分けがつきません(よく見ると正規品=左の黒い帯がセンサーなのに対し、模造品=右は黒く色が塗られているだけなのが分かります)。
 
airpods 偽物 比較
 
ただし我愛音頻網によれば、偽物は数十元(1,000円前後)のものから、本物さながらにノイズリダクションを搭載したものまで、玉石混交なのだそうです。
 
airpods 偽物 比較
 
なお、AirPodsの模造品を販売するのは無名の中小企業だけではありません。大手ベンダーOnePlusがリリースした「OnePlus Buds」は、AirPodsに瓜二つだったため、米税関・国境警備局(CBP)に偽物として押収される騒動にまで発展しています。
 
 
Source:我愛音頻網 via 威鋒網
(kihachi)

カテゴリ : AirPods, 最新情報  タグ : , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる