トップページ > AirPods > AirPodsの出荷台数、2020年に50%増で9,000万台に到達か
2020年3月13日 18時08分

読了まで 150

AirPodsの出荷台数、2020年に50%増で9,000万台に到達か

airpods pro
 
人気を誇っているAppleのワイヤレスイヤホンAirPodsの今年の出荷台数は、対前年比で50%増となる9,000万台に達する、と台湾メディアDigiTimesが報じています。

ウェアラブル事業の収益は過去最高に

AirPodsは、Appleの「ウェアラブル、ホーム、アクセサリ」カテゴリーに包括されているため、あくまで出荷台数は予測に過ぎないということを念頭に置いておく必要があります。
 
AirPodsの出荷台数は2020年に9,000万台に上るとみられており、2019年の6,000万台と比べて50%増となる見通しです。
 
正確な数字を把握するのは困難かもしれませんが、AirPodsが大きな人気を誇っているのは確かで、AirPods Proは昨年10月に発売されてからというもの、出荷までの待ち時間が長い状態が続いています。
 
Appleの2019年10月〜12月期のウェアラブル事業の収益は過去最高となっており、AppleはApple WatchとAirPodsにより売上が支えられたことを明かしています。

エントリーレベルのAirPods Proの生産は開始間近か

2019年10月に発売されたAirPods Proでは、アクティブノイズキャンセリング、耐水・耐汗性などの新たな機能が追加され、音質が改善されました。
 
先週、エントリーレベルのAirPods Proの生産が2020年第2四半期(1月〜3月)後半から第2四半期(4月〜6月)前半にかけて開始される見通しと伝えられたばかりです。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Apple
(lexi)

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる