トップページ > 最新情報 > Microsoft、年内にWindows 10Xリリース?Neoは2022年に延期?
2020年11月8日 15時35分

読了まで 148

Microsoft、年内にWindows 10Xリリース?Neoは2022年に延期?

Surface Neo


 
Gizmochinaが、Microsoftが2020年12月にWindows 10Xをリリースすると報じています。ただし、今回登場するバージョンではWin32アプリはサポートされないようです。また、Windows 10Xが動作する予定だったデュアルスクリーンデバイス、Surface Neoの発売は2022年に延期されたと同メディアは伝えています。

対応するサードパーティーデバイスが登場か

Gizmochinaは、Windows 10Xの最初のバージョンではWin32アプリがサポートされないと伝えています。同メディアは、当初予定されたように、仮想化にてWin32アプリが実行できるよう、Microsoftが改良に取り組んでいることを期待すると述べています。

2021年春までにサードパーティーから搭載デバイス登場か

Windows 10Xを搭載して登場する予定だったデュアルスクリーンデバイス、Surface Neo発売は2022年まで延期された可能性が高いようです。
 
同デバイスは延期されたとしても、Windows 10XのRTM(Release To Manufacturer)が2020年12月にリリースされる予定であるため、同OSを搭載したサードパーティーのデバイスが2021年春までに発表されるだろうとGizmochinaは予想しています。
 
Gizmochinaによれば、Windows 10Xは、Chromebookと競合する低価格デバイス市場を対象に開発されているようです。
 
 
Source:Gizmochina
(FT729)

カテゴリ : 最新情報  タグ : , , , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる