トップページ > iPhone13 > iPhone13はProシリーズでカメラ性能大きく向上か〜著名アナリスト指摘
2020年11月6日 23時34分

読了まで 24

iPhone13はProシリーズでカメラ性能大きく向上か〜著名アナリスト指摘

iphone13 コンセプトイメージ


 
正確さに定評のあるアナリストとして知られるミンチー・クオ氏が、2021年登場予定のiPhone13(仮称)シリーズについてのレポートを発表し、iPhone12シリーズからカメラがさらにアップグレードされると指摘しています。

カメラ性能が大きく向上か

TF International証券でアナリストを務めるミンチー・クオ氏によると、iPhone12シリーズからの主だった変更点の一つとして、iPhone13シリーズはカメラの性能向上が挙げられるとのことです。
 
同氏によれば、4モデル構成はそのままで上位のProモデルにのみ、f/1.8で6枚のレンズからなるオートフォーカス(AF:自動で焦点が合う)対応の超広角レンズが搭載されるそうです。
 
現在のiPhone12シリーズは、f/2.4で5枚のレンズからなる固定焦点の超広角レンズを採用しています。f/1.8のAF超広角レンズは、2022年に登場するiPhone14(仮称)シリーズですべてのモデルに採用される見込みです。

iPhone12よりさらに出荷台数増える?

またクオ氏は、2021年後半には5Gの普及が更に見込めることや、iPhone量産や販売の流れが例年どおり9月に戻る(iPhone12シリーズは例年よりも1カ月遅い10月発表でした)こと、先述したカメラの飛躍的な性能向上などから、iPhone13シリーズの出荷台数がiPhone12シリーズよりも増加すると見込んでいます。
 
今回のレポートでは言及されていなかったようですが、クオ氏は以前iPhone13シリーズについて、上位モデルに位置づけられるProシリーズはLightningポートがなくなりワイヤレスに移行する可能性についても言及していました。
 
なおクオ氏以外では、筐体のサイズは同じでノッチが小さくなるとの予測や、iPhone12シリーズで待望された120HzのProMotionディスプレイ搭載にカメラセンサーの向上などの観測が浮上しています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:YouTube-ConceptsiPhone
(kihachi)

カテゴリ : iPhone13, 最新情報  タグ : , ,

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる