2024年2月15日 サイトリニューアルを行いました。引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

    watchOS7.1とtvOS14.2のベータ5(RC版)が登場〜正式版リリース間近

    watchOS7.1 ベータ

    watchOS7.1 ベータ
     
    Appleは現地時間2日、デベロッパー向けにwatchOS7.1とtvOS14.2のベータ5を新たにリリースしました。実質的なGM(ゴールデンマスター)版となります。テストプログラムに登録していれば、Apple Developer Centerからダウンロードが可能です。

    心電図アプリを韓国とロシアで新サポート

    Apple Watch向けのwatchOS7.1ベータ4が10月22日、Apple TV向けのtvOS14.2ベータ4は10月20日にリリースされており、それぞれ前回から2週間前後でのアップデートとなります。今回のベータ5は「Release Candidate(RC)」版であり、従来のGM版と同一です。10月31日には、iOS14.2とiPadOS14.2のRC版がリリースされています。問題がなければ、来週にも最終版がパブリック向けとして正式に登場する見込みです。
     
    今回のwatchOS7.1ベータ5では、ロシア韓国Apple Watchの心電図(ECG)アプリと心拍数の異常通知が利用可能になる(Apple Watch Series 4以降)ことのほか、ヘッドホン音量が聴覚に影響を与えかねない場合に通知する機能、Apple WatchでMacのロックを解除できないバグの修正などが盛り込まれています。
     
    Apple Watch ECG Korea_02
     
    watchOS7.1(watch OS7シリーズ)はApple Watch Series 3以降であれば、インストールが可能です。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が蔓延する時代にマッチした「手洗い検出機能」もwatchOS7で追加された新機能の一つです。モーションセンサーやマイクでユーザーの手洗いを検出、規定の20秒間を下回ると、手洗いを続けるようにAple Watchが通知します。
     
     
    Source:AppleInsider,9to5Mac
    (kihachi)

    この記事がお役に立ったらシェアお願いします
    目次