トップページ > iPhone > iPhone12 Pro需要の勢いはiPhone12を上回る〜JP Morgan調査
2020年11月3日 01時35分

読了まで 218

iPhone12 Pro需要の勢いはiPhone12を上回る〜JP Morgan調査

iPhone12 12 pro


 
投資銀行JP Morganの調査によると、iPhone12 Proの需要の勢いがiPhone12を上回っているようです。iPhone12に比べ、iPhone12 Proの納期が依然として長いためです。

iPhone12の平均10日に対し、12 Proは平均23日

iPhone12 Proシリーズよりも廉価版のiPhone12やiPhone12 miniが人気になると多くのアナリストが予測していたことを思うと、このレポートは意外な内容です。例えばDeutsche銀行は、iPhone12 Proのカメラがプロ写真家を納得させる性能だとしても、一般消費者はiPhone12のコストパフォーマンス面を重視すると指摘していました。
 
JP Morganのサミク・チャタジー氏は、iPhone12の注文から到着までの納期が世界全体では平均10日ほどと、以前に比べると在庫状況が緩和/正常化していることに注目します。Apple側の在庫と消費者側の需要とのバランスで主に納期は決まるため、需要の度合いを測るにはもってこいです。一方でiPhone12 Proは平均23日となっています。
 
日本国内のApple公式オンラインストアで比較しても、11月3日時点でiPhone12ブルーの64GBモデルは納期が7日〜9日(11月10日〜11月12日の到着)ですが、iPhone12 Proパシフィックブルーの128GBは納期が16日〜24日(11月19日〜11月27日の到着)となっています。

Appleの想定以上〜12Pro Maxにも注目

もちろん納期が長いからといって、iPhone12 ProがiPhone12よりも売れていることを意味するわけではありません。需要に対して在庫が少なかったり量産ペースが遅かったりすれば、納期は延びるからです。
 
しかし、Appleとしても納期が遅いことは避けたいはずで、同社が当初想定していたよりもiPhone12 Proの需要が高いことは間違いないでしょう。チャタジー氏は、iPhone12 Proの堅調な売れ行きを受けて、iPhone12 Pro Maxの予約についても「注意深く、そして楽観的に」見るべきだと投資家に推奨しています。
 
 
Source:AppleInsider
(kihachi)
 
 

▼ 最新情報を受け取る

Twitterで最新情報をみる
Facebookで最新情報をみる
IMアプリをインストールする
feedlyで最新情報をみる